お金が必要になると、目先の支払いに焦って借りやすく

  • HOME
  • お金が必要になると、目先の支払いに焦って借りやすく

お金が必要になると、目先の支払いに焦って借りやすく

お金が必要になると、目先の支払いに焦って借りやすくて金利が高めの金融業者や銀行のおまとめローン等に、考えが偏りがちになります。
ただ、生活資金に限って言えば、公的機関の融資を考えてみるのも良いかもしれません。



居住地の社会福祉協議会では最大3.0%という低い金利でお金を借りることができます。

ただ、審査はあります。

また、この生活福祉資金貸付では、連帯保証人がいれば無利子になるのも、他にはない特徴だと思います。

このような公的制度があることを知った上で最適な判断をしてください。キャッシングでは品物ではなく、現金を手に入れることができます。一括返済や分割返済も選択でき、まとまった額から小額まで対応できますから、利用価値は高いです。しかし、借りて使ってしまえば、あとに残るのは返済義務です。
それも利息をつけて返す必要があり、ときにはストレスを感じることがあるかもしれません。もしキャッシングで何かの費用を賄おうと思ったら、収入だけでなく、普段の支出のことも考えてください。


これなら大丈夫という範囲を見極め、金銭感覚がずれたりしないよう、いま一度、改めて問いかけなおすことが重要なのではないでしょうか。


僕は営業の仕事をしていて、カードローンを使うことがあります。だからというわけではないですが、借金に対する陰湿なイメージには疑問を感じます。借金せざるをえない状況を頭から否定しており、ちっとも論理的ではないからです。若年男性や再就職が多い人(特に女性)は賃金水準が低い傾向がありますが、その中で必要性を感じて借り入れするのなら、だらしないとかみっともないとか言うのはモラハラなのではないでしょうか。

「人並み」のレベルを上げた「散財」は禁物ですし収支バランスを考慮すべきです。



明るい気持ちで利用できるよう、金融業者でもサービスやイメージアップに配慮することが必要でしょう。

僕はいまのところ、消費者金融や銀行のローンは使ったことがないです。
キャッシングは他に選択肢がなく、やむを得ないときだけだと決めています。あまり軽い理由で利用して、あとで本当に必要になったときに使えなかったら困りますよね。


それに、程度の差こそあれ、安易に使って返済が膨らみ、だんだん金銭感覚の修正が難しくなるようにも思います。


そうならないようにするためには今後の収支を考え、「ここぞ」という時だけ使えばキャッシングのメリットが最大限に活きてくるでしょう。給料日の前って、友達にもお金が借りにくいですよね。

そういう場合は超短期型のキャッシングなら気楽に利用しても良いのではないでしょうか。短期間なら金利ゼロという会社もありますし、そうでなくても一括で返済するのなら、金利が何パーセントであろうと、総返済額に対して響いてこないはずです。でも、キャッシングのメリットといえば、必要な額をあとから分割で返せることですよね。

それならやはり金利が低いところを探したほうが良いでしょう。必要に迫られているとつい焦りがちですが、これから借りようとする金利くらいはチェックしておきましょう。
融資額によっては、支払額にだいぶ差が出てくるはずです。
キャッシングは便利なものですが、返済が遅れるようなことがあれば財産を差し押さえられてしまうこともあります。


差し押さえられるのは銀行の預金口座や勤め先の給与ですが、例えば、給料についての差し押さえは、最大で4分の1の金額までと決まっています。給与は4分の1までなのに対し、年金はもっと問題で、年金の振込先口座が差し押さえの対象として指定された場合、1円も手元に入ってこないということすら有り得るのです。
そんなことにならないように、返済の目途をちゃんと立ててキャッシングを利用しましょう。



誰かに頼むにも気が引けるのが借金というもの。キャッシングはそれを解決してくれてありがたい存在です。しかし、キャッシングをしすぎて返済が長期化すると、予定通りに返済できない(難しい)ときがあったりして、あとで計算してみて、馬鹿だったなあと気づくかもしれません。

無理のない返済プランとはどの程度なのかを常に意識しつつ、あきらかに妥当だと思える線を決めたら、それを越えずに借入・返済を行うように気をつけていれば、キャッシングのメリットを感じることができるでしょう。今現在、私が利用している中で、カードローンを組むにあたって不安の少ないところはどこだろうかと考えてみますと、やはり、三井住友カードローンが最も良かったです。


大手銀行系は不安が少ないです。
それに、利用しやすいのも嬉しいです。


時々、条件に引っ掛かってしまって希望金額が減らされたなんてことがあるそうなのですが、私の場合は、これまで審査落ちの結果になったことはありません。
キャッシングでもローンでも気をつけなければいけないのは「延滞」です。

元金+利息分+遅延損害金を払う必要があるので出費が増えます。多少ならいいやと思うのは間違いで、支払いが何度か遅れると、金融機関のブラックリストに載ってしまうとその事故情報(業者にとっては事故です)の履歴が消えるまでは利用停止の憂き目に遭うことも。


。手軽に利用できるよう、金融機関は窓口(ATM)を増やして対応していますから、それらを使いこなして返済日に間に合うようにするのがスマートです。

延滞には将来的にもデメリットしかないことを頭の片隅にしっかりとどめるようにしてください。
返済を滞らせ、「債務整理中」という身分でありながらキャッシングを利用することは果たして可能なのでしょうか?意外かもしれませんが、可能なんです。「バレなければ大丈夫」とはよく言ったもので、実際、業者としてもキャッシングに応じる場合があるのです。
ですが、バレてしまったときには肝心の免責許可が出なくなってしまうなど色々な問題を抱えているのです。なぜあなたは債務整理を行うまでに追い詰められたのか、そのことを考えた上で次の行動を選択しましょう。


Copyright (C) 2014 札幌で借金相談をするならココだ!!!!!!! All Rights Reserved.

Page Top