借り入れは慎重に行い、必要以上に借りないよう注

  • HOME
  • 借り入れは慎重に行い、必要以上に借りないよう注

借り入れは慎重に行い、必要以上に借りないよう注

借り入れは慎重に行い、必要以上に借りないよう注意してください。

なぜなら、やがて債務を複数抱えてしまう状態になるからです。
消費者金融にしろ、銀行系のカードローンしろ、一社で借りられる金額にはここまでという金額が設定されているものです。
ということは、返済日が来たら、返すためのお金をどこかしらから調達しないといけません。

重ねていけばいくほど、多重債務者と呼ばれることになります。
消費者金融や銀行のキャッシングは、いままで一度も利用したことがありません。
あれは本当に最終的な選択だと思っています。物品ならクレカで買えますし、お金(利息)を払ってお金(融資)を得るのは相当な理由が必要なのではないでしょうか。自覚の持ちようかもしれませんが、借金癖がつくとなかなか抜け出せず、だんだん金銭感覚の修正が難しくなるようにも思います。


それを避けるためには自主性が大事だと思います。

目的を明確にし、完済までの見込みを立て、「ここぞ」という時だけ使えば負担も少なく、融資の便利さを感じられるのではないでしょうか。



ストレスがたまって買い物に歯止めが利かなくなり、気がつけばクレジットカードでとんでもない額を使ってしまっていました。

いざ支払いをする段になって、困り果ててしまい、消費者金融のキャッシングでお金を借りてしまうという更なる負債の連鎖に足を踏み入れ、ショッピングとキャッシングの返済が支払い能力の限界をはるかに超えてしまったのです。

お給料どころか、すぐに退職して退職金すべてはたいて返済に充て、足りなければ夜も働きに出る位しなければいけないかと途方にくれていましたが、心配した両親が手を差し伸べてくれ、退職せずに済みました。元本だけでも相当な額になっていましたが、利息を加えると500万円を超えてしまい、本当に驚きましたが、貯えていたお金をほとんど使わせてしまうことになりました。
身内という甘えに流されて、返済が滞ることの無いよう、借用書を書いてお金を借りた事実を明文化することで、会社を退職せずに済んだので、返済をしながらでもきちんと暮らしてゆくことが出来ます。

融資前の審査は意外とストレスになりますが、審査なしで借りることは99.9999%できないと思ってください。大手はもちろん中堅どころでも審査はありますし、審査なしで融資するような会社は背後に違法な組織があったり、法外な金利を設定していることを疑ってかかったほうが良いでしょう。
審査のハードルが低めの会社を選べば、無審査ではないですが、通りやすいですよ。楽天カードローンは新しいので利用者獲得のために審査がゆるめだと言われています。


他店で断られた人がここでは通ったそうですから、申し込んでみて損はないと思います。無職だと、キャッシングで借り入れすることを尻込みしてしまいそうですが、言われているほど難しいことではありません。オークションとかアフィリエイトで現金収入がある人はまさに自営業者だといえます。

フリーターと名乗れば無職という必要はありません。


ただし、あちこちの会社から借り入れしていたり、過去の借り入れ金額が一定の範囲を超えている場合、電話などで在宅確認が得られなかった場合は、新たに借り入れすることは難しいため、自分の借り入れの可能性をよく考えましょう。お給料日前まであと2、3日。ちょっと苦しいなと思ったら、すぐ返すことを前提としたキャッシングなら積極的に活用すべきだと思います。



お給料日後にすぐ返してしまえば利息分はあまり関係ないですからね。

でも、キャッシングのメリットといえば、必要な額をあとから分割で返せることですよね。


それならやはり低い金利のローンを選んだほうがお得です。つい慌てがちになるかもしれませんが、実質年率がどれくらいになるか確認しておいたほうが損がないと思います。

なにもカードローンに限りませんが、借金をする時に、貸す側が何より気にすることと言えば、借りる側の返済能力の有無です。

だから、今後、住宅ローンの審査を受けるにあたって、カードローン利用が原因で、計画通りに住宅ローンを返済が完了するのか、あるいはそのような能力があるのか、という点を見ると良い評価にはならないでしょう。

基本的にカードローンやキャッシングといった借入は、ひとつの金融機関に絞れば手間も少なく、完済までの見通しが立てやすいです。しかし、1社だけに絞っていれば本当にトクだというわけではありません。2社目で借りるべき例があるのを覚えておいてください。たとえば、たとえば金利です。

低利と高利なら低利のほうが支払額は少なくてすみます。
それに審査が厳しくても高額融資可能だったり利用しやすさで優位性があるからです。
3社以上の利用は推奨しませんが、2社目を慎重に選ぶことは大事だと思います。
初めてのキャッシング申し込みにあたっては希望する金額の記入が求められます。

いくらにしようか迷うかもしれませんが、最初の時点からそんなに高い金額を申し込むと希望のキャッシングが受けられないかもしれません。

最初は、できることなら希望の金額は控えめにしておいて、そのお金を返済して実績を作ってから高めの金額を再度申請するのが賢い方法でしょう。私は結婚する前に、キャッシングで膨らんだ借金の返済でいつもお財布の中が苦しいという状態になっていました。


転職先の給与が低かったのにミエをはって以前と同様にお金を使っていたので、口座の残高が底をつくのは時間の問題で、困った末にカードローンを利用したというわけです。でも、借りたお金ですから返さなければいけません。



そこで見なおせば良かったのに止めないものだから、借入金の元金を減らすめどが立たず、保険を解約したお金とボーナスで一括で繰上げ返済しました。親戚にも交際相手にも言えないですね。


Copyright (C) 2014 札幌で借金相談をするならココだ!!!!!!! All Rights Reserved.

Page Top