カードローンやキャッシングの利便

  • HOME
  • カードローンやキャッシングの利便

カードローンやキャッシングの利便

カードローンやキャッシングの利便性は、時間に余裕がないほど痛烈に感じられるかと思います。
僕自身、そんな経験があります。二十代のころ、交際相手の親(他県)に挨拶に行くことになったんです。

でも、すごく憂鬱でした。だって滞在費がこれっぽちもなかったのです。引越後だったので口座残高もなかったですし。

こういうときにキャッシングを使うんだなと思い、ウェブで手続きしてお金を用意し、ホッとしたのを覚えています。



一般的に、キャッシングの規制の中でよく知られているのが、総量規制でしょう。これは、借り入れ可能額が年収の3分の1という趣旨のものです。この規制は消費者金融に適用され、管轄の法律が異なる銀行では、適用されることはありません。すでに他社で債務がある場合はその金額も含めた借金総額が判定の額になります。
キャッシングサービスを利用して借りたお金を簡単に返済できるコンビニ返済はとてもいい手段です。


返済する時間を気にすることなくコンビニに行くだけで返済できるので、忘れる心配がありません。

コンビニは誰もがよく立ち寄る場所ですし、僕の場合は、出勤前や昼休みの時間、帰宅途中などに寄っていきます。

お金を返済していることが側に人がいてもわかりにくいこともコンビニ返済の便利なところです。キャッシングは便利なものですが、借りたお金の返済が滞ってしまうと財産を差し押さえられることもあるため、要注意です。

差し押さえの対象は、あなたの銀行の口座や給料であり、給料を差し押さえられる場合、最大で4分の1までが対象となってしまいます。
一方、年金の場合はもっと問題であり、年金が振り込まれる口座が差し押さえられてしまうと、年金を一円も受け取れないということも有り得ます。
そのような状況に直面しないためにも、計画的なキャッシングを心がけることをお勧めします。
はじめてクレジットカードを作ったときのことを覚えていますか。自分の場合は先輩に勧められて、実印を作るのと同時に、クレジットカードも持つようになりました。

使うというより、キャッシュバックキャンペーンが目当てでした。

カードは簡易書留で届きました。仕事してて家にいるわけないのに書留だなんて。
郵便局の時間外窓口で受け取りました。


よくよく見てみると、私のカードにはキャッシング機能もついていて、申し込むときに20万円までに設定しましたが、最大で50万円までなら自由に借りることができるわけです。

役立つときもあるのだろうけど、なんだかコワイと思ったものです。


キャッシングやカードローンの返済が滞ると、程度にもよりますが、最初は電話での「確認とお願い」が来て、いずれカードが使えなくなり、会社から督促の手紙が自宅へと郵送されてくるはずです。


開封しない、気づかなかったという言い訳はききません。

無視する状態が続くと、債権回収を専門とする会社に債権が譲渡され、ゆくゆくは裁判ということになるでしょう。

延滞しないことが第一ですが、もし期日に間に合わないようならその金融業者に連絡をしてみてください。
分割払いの回数を増やしたりリボにできるケースもあります。
カードローンやキャッシングでお金を借りるのは、本当に最終的な選択だと思っています。どうしても欲しいものがあったとして、それが今後の返済と等価値なのか考えてから借りるべきでしょう。

「借りて、返す」は当然ですが、安易に使って返済が膨らみ、無理が生じて判断力が鈍るような気がします。大事なのは、自己管理かもしれません。

使いみちを決めたら再検討し、自分で用意できる額を用意してからこれなら絶対大丈夫だという額にとどめておけば、延滞やループに陥ることもないでしょう。カードローンに限った話ではないのですが、お金を借りようと思ったときに、貸す側が何より気にすることと言えば、お金を借りる側に「返済できる能力があるかどうか」という事だと思います。ですので、今後、住宅ローンの審査を受けるにあたって、カードローン利用が原因で、果たして住宅ローン返済の予定が立つのか、そのような能力があるのかどうか、といった不安要素が残るため、不利になると言わざるを得ません。お金を借りるときは、期日や金額ばかりが気になり、借りやすさから、金利が高めのローンに手を出しがちです。生活資金に限れば、社会福祉協議会(通称は社協)を訪ねてみるのもありだと思います。1.5?3.0%という低い金利で融資を受けることができます。

社協の生活福祉資金貸付制度では連帯保証人がいれば無利子になるのも、他にはない特徴だと思います。どんな制度なのか調べてみて、何のためのお金をどこから借りるか、よく考えてみてください。
カード、金融機関の如何を問わず、借金生活に身を投じるに当たっての上手な乗り切り方のコツは、期日に関しても、分割可能金額に関しても、とにかく余裕を持った計画を立てることです。そもそも借りたお金の返済に充てるお金というものは、返し始めには相手への感謝の気持ちが勝っているため、こんなことならもっと多く返済していって早く完済にするような計画にすれば良かったと思うくらい楽々返せます。

でも、一定額のお金を返済し続けることの困難さが分かるのは、折り返し地点以後のことです。急病や失職、その他の予期せぬ災難で支払いが滞ることもよくあることです。即座に返済不能になる可能性を低くするべく、再考を重ねて更にワンコイン分ほど落としてください。会社や個人によっては、下限額の引き下げに応じてくれないところもあるかもしれませんが、完済は双方の利益になりますから、とにかく交渉あるのみです。
Copyright (C) 2014 札幌で借金相談をするならココだ!!!!!!! All Rights Reserved.

Page Top